太陽光発電システムは発電設備である。発電設備を設置・管理する責任は、発電設備の施工業者や設備 メーカ等ではなく、発電設備の所有者(システム所有者)にある。

                                  ※日本電機工業会・太陽光発電協会(JPEA) 太陽光発電システム保守点検ガイドラインより

~FIT法の改正~

住宅用太陽光発電のメンテナンスに関して、改正FIT法の施行によって、

導入してから1年経過後に初めておこない、その後は最低でも4年に1回の点検が義務化されました。

また「運用・管理」の項目も含まれており、太陽光発電施設の維持管理も義務化されました。つまり、発電量を維持するためには定期的なメンテナンスが不可欠です。

※法令に違反すると、改善命令や認定取り消しなどの制裁を課される可能性があるとされていますので、法令の遵守も守るようにしましょう。