太陽光・蓄電池の特徴

太陽光のメリットはいつまで有効活用できるのか

太陽光発電

太陽光発電は30年間使うことができる

太陽光発電システムは、よく「 本当に30年も使えるの? 」と質問されますが、本当に使えます。

30年以上前なので、今より性能は劣りますが、それでも問題なく稼働し続けている実例が多数存在しています。

1983年、「自然エネルギーで観音様を照らしたい」と いう 当時のご住職の思いから、大観音石像を照らす照明の電源 として設置されました。2011年、性能評価試 験を実施した ところ、劣化はほとんど見られず、2016 年3月まで33年も 安定稼動しました。

1978年、SHARPは長崎県御神島(現・尾上島)という電源のない離島 の無人灯台へ「永く使用でき、長期間、保守も不要」なため設置されま した。多少劣化等はあるものの、2009年までの 31年間も発電稼動を 続けました。


高い単価で売電できる固定買取期間はわずか10年間

太陽光発電は、30年間利用できますが、メリットが大きい「固定買取制度」は10年間で終了してしまいます。

確認が必要です。

太陽光発電の設置から10年後、売電単価が変わる

今は、「固定価格買取制度」のおかげで、高い単価で売電が出来ています。

しかし、固定価格買取制度終了となった11年目以降では、果たして何円で売電できるのでしょうか?

既にエネ庁が積極的に売電終了の告知をスタート

2018年の10月以降、経済産業省(資源エネルギー庁)が主体となって、市場が活性化されています。

FIT期間が終了となる方が既に出てきており、業界の一大事としてどんどん認知度が高まっているのです。

大手メディアでも盛んに社会問題として取り上げられている

資源エネルギー庁の太陽光売電終了問題に関する特設HPの「どうする?ソーラー」によれば、

固定買取期間が終わった後の選択肢は、2つに絞られると言われています。

なぜFIT制度終了後の買取単価は10円以下なのか?

以下の棒グラフが電力会社の電気料金に占める費用の内訳です。

電力を発電するための燃料費がおよそ10円であるため、電力会社は仕入れ値である10円以上の価格で電力を購入

することは、考えられません。

太陽光発電の設置から10年後、売電収入は激減する

太陽光発電を賢く使うために、スマートハウスへ

固定価格買取制度終了後、売電収入は激減してしまいます。

そこで、せっかく設置された太陽光発電を賢く使うには、以下のような使い方がベストだといえます。

これからの蓄電池の使い方について


お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせ先

052-522-1711

株式会社C&C JAPAN